ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2019.10.18 Friday

スタジオのLINEアカウント

LINE@のサービス移行に伴い、スタジオのLINEアカウント追加アドレスが変更になりました。

増税につき、パンフレットすりなおした直後にコレですよ。とほほ。

もっと早く移行しておけば良かった・・・私のばか!

(訂正シールをすぐ発注。)

 

今までお友達になってくださっている方は、特に変更ないはずなので、今まで通り話しかけてくださいね。

ていうか、なんか不具合あったら教えてください。

よくわかんなくて・・・。

 

友だち追加

上をクリック!

もしくはバーコードをスキャン!

 

最近LINEでの問い合わせが増えました。

やっぱり便利なんだなあ・・・。

 

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

2019.10.14 Monday

開帳足

ロンドンの練習場でのこと。

靴を履き替えている途中かなんかで、裸足でいたんですね。

その時、学連同期プロダンサーのI先生に言われたのが、

 

「お前、足がブサイクだな」

 

あそうかも。

 

特にムカつくわけでもなく、素直にそう思いました。

なんか足が横に広がってきてるんですよね。

いつも見すぎてて、そのまま受け入れるとこだった!

ありがとう、井ZAKI先生!

 

足が横に広がる・・・

横アーチがなくなった状態=開帳足というやつですね。

もともと外反母趾の私には宿命というべき状態です。

 

この開帳足や外反母趾。

ヒールを履いている限り、避けられない課題なんです。

姿勢を整えたり、歩き方を変えるとかなり軽減するけど、それでもやはり、なくなるものではない。

どんなシューフィッターの方に聞いても、対処法は「ヒールを履かないこと」につきます。

しかし、そんなこと言ってられないでしょ。

それでサポーターやテーピングになるわけです。

 

ダンスヒールは裸足やタイツのみで履くので、分厚い・・・いや分厚くなくても、テーピングはあまり重ねてできません。

厚みで、足が窮屈になって他のところが痛くなるからです。

キネシオテープ一枚をぐるっと足の周りに巻くのが限度。

でもそれじゃ、ホールド力がなさすぎる。

じゃあテーピングテープは?と試してみたんですが、今度は固すぎて、足の動きが制限されちゃう。

どないやねん。

 

お次にサポーター類。

指に被せる靴下みたいなのは、瞬殺でクチャクチャになりましたし、

大山式やスポンジなど指を広げる系のパッドは、ヒールの中が窮屈すぎ・・・私はダメでした。

(大山式足指パッドで良くなった先生もいます)

探しに探して見つけたのが・・・

 

AKAISHIの開帳足パッドでした。

回し者ではない。

 

これを足の裏にペッとつけて、短く切ったキネシオテープで固定する。

今のとこ、榊のベスト。

660円とかで安いのも助かります・・・。

 

人によって対処は違うんだけど、少しでも助けになりましたら!

 

2019.10.04 Friday

少し大きめの振り付け仕事

久しぶりに、しっかりした舞台での振付を仰せつかりました。

11月におこなわれる周年パーティーのA級フォーメーションです。

ある程度のイメージはいただいているのですが、基本自由。

今は曲探しの毎日です。

もうこればっかりは、部屋探しと一緒(?)。

「求めよ、さらば与えられん」という感じです。

 

そうそう、引っ越すときに部屋をあんまり探さずにすぐ決めないほうがいいですよ。

私はそもそも転勤族の娘ではあるのですが、関東に一人で出てきてからも8回くらい家が変わっています。

そのうち2回くらい、いいやここで・・・って決めたことあるんですが、両方ダメでした。

 

何がって、雰囲気が。

 

カレー作ったら一日で腐っちゃうとか、前の住人に宛てた借金取りからの手紙がドアに挟まってたりとかね。(ひええええ)

まーでも、その頃の私、冷蔵庫なくて段ボールに野菜いれて外に置いてたり、ゴミ捨て場管理のおっちゃんに頼んで洗濯機もらったりしてたもんな・・・ひど!

引き寄せちゃった感が半端ないですが、まあそういうことなんですよ、きっと。

心の余裕というかね・・・。

比呂志に会えてよかった。苦笑

 

部屋の広さとか風呂の有無は関係ないんですよ。

大家さんとちゃんとお会いできて借りた部屋は、鉄板でいい部屋!

ちゃんと対面してお話しするの、大事です。

そして、とにかく諦めずに探し続けていると、ベストなものに出会えるわけ。

 

曲も。

 

たぶん・・・

 

信じて今日もsportfy聞きます・・・

2019.10.01 Tuesday

そろそろ飛行機とらねば・・・

全国の実家遠い芸人の皆さん、もう飛行機を取らなくちゃいけない時期ですよ〜

格安航空券解禁日に合わせてスタンバイできるわけもなく、時期をずらしてどうにか節約せねばならず。

今年もいつ帰るか頭を悩ませているわけですが。

確かにね、31日の夜に北海道へ行き、1日の夜に東京へ戻れば安いけど。

安いけど!

ねえ・・・?

 

28日からうなぎのぼりに高くなる航空券の表を眺めつつ、ちくしょう・・・どんな値段でも買うと思ってやがる・・・と、

唇かみしめております。

殿様商売め!(悪態)

 

今年は比呂志を連行したい。

日程調整がんばろ。

 

 

2019.08.08 Thursday

みみの話

右耳がなんかおかしかったのです。

先週末くらいから、ずーっと水が入っているような音がする・・・。

もちろんプールなんて行ってないし、風呂で素潜りもしてないわけで。

なんだろなんだろって思いながら、仕事してました。

 

一方。

 

左耳はだいぶ前からおかしかったのです。

いや、おかしいという言葉は違うか。

かゆい→いじる→血が出る→痛い→我慢する→かゆい→・・・

をずうううっと繰り返してたんですよね。

ダメなことほど止められない、ダメな子さかき・・・!

 

まあついでだし、両耳見てもらうかーなんて軽めの感じでいつもの耳鼻咽喉科へ。

右は軽い中耳炎でした。

しかもアレルギー鼻炎からの。

鼻詰まりのせいで耳に空気がいってないんじゃないかってさ。

そんな詰まってたかなあ・・・ていうか私、アレルギー持ちなんですね(自覚なし)・・・。

問題は、左でした。

先生が覗いてるビューを、画面で私も見られたんですが、すんごいの。

Oh!Big KASABUTA!

 

「あ〜カッチカチね。これはふやかさないとダメかも・・・」

と、マイKASABUTAをツンツンする女医さん。

耳にオキシドールをたらし、綿で栓をして、鼻からネブライザー(薬の蒸気)ののち、待合室で待機。

次に呼ばれた男児の泣き叫ぶ声が部屋に響きます。

(耳かな?がんばれ!)

そして呼ばれて、2回目の試技。←

「痛くないですか?痛くない?」と何度も聞きながらKASABUTAをtake offにかかります。

若干流血の気配を見せたところで、ちょっと痛くなったので、

「あー痛いっすね」と申告。

オキシドール再び。

先ほどよりシュワシュワいってるのを聞きながら、待合室で待ちます。

2人ほど呼ばれた後、診察室3回目。

ここはもう強引にフィニッシュへ向かう先生。

おっ!

取れるか?取れるか?

と、良いところで、まさかの看護師さんがフレームイン!(画面の前で作業開始)

見えない・・・。

「すっごいの取れましたよ〜。後で見せますね」

とのお医者様の声で終了となりました。

 

見せてもらった私の分身は、なかなかのサイズ。

心なしか誇らしげな先生。

こりゃかゆいですよ、なんて言っちゃって。

「あ、でもこれみたいなやつが、前にポロっと耳から落ちてきたことありますわ」

と言ったら、すごい真顔になって

「それは、異常ですね」

そのあと、薬の説明をするときに、薬を塗る以外絶対に触らないこと!を厳重に言い渡されました・・・。

(お盆の前にもう一回診察があるので、怒られないようにちゃんと塗ってます・・・)

 

まだ治療中の身ではあるのですが、めっちゃ聞こえるようになりました!

耳、大事。

皆さまもいじりすぎ気を付けて〜!

2019.07.05 Friday

運転免許取りました。

試合だなんだと色々あったり、予約がなかなか取れなかったりで、結局3か月かかっちゃったのですが。

本日、朝の8時から鮫洲免許センターの開店待ちをいたしまして、最終学科試験に挑戦。

どうにか普通自動車免許を取得できました。

人生初の免許。

犯罪者のような青背景写真を、さっきから何度も眺めております。

う れ し い。

 

 

それにしても、免許取得における自動車学校のカリキュラムは素晴らしく良くできてたなあと、改めて。

ちゃーんと順を追って会得できるようになってる。

しかも、毎回教員が変わっても、そのクオリティが変わらない。

普通に時間を空けず通っていれば、誰でも取れちゃうよ、これは。

内容は違えど、人にものを教える職業の身からすると、これは驚異的なことなんです。

状況に応じて、凶器にもなる鉄の塊を操作する技術と心得・・・ダンスで言えばベーシックを、人を選ばず高いクオリオティで提供できるってことなんで。

やっぱり今までの蓄積された経験値の量が違うようなあ。

自動車学校と教官たちの努力のたまものですよ。

社交ダンスは、他のダンスに比べればかなり蓄積されている方だと私は思っているのですが、

(世界中に同じ教本が流通しているなんて、他で聞いたことない)

こういう圧倒的なカリキュラムに接すると、まだまだなんだなと思わざるを得ない。

もちろん、システム化することが必要かどうかは別件だけど・・・。

ベーシックをどう伝えるかという課題に、私たちは取り組み続けていかなくちゃいけないのです。

これからのために。

 

 

最近よく思うのですが、″今″って、昔の人たちが「少しでも良く」って行動し続けてくれた結果なんですよね。

ダンスに限らず・・・。

例えば、90年ほど前。

詩人・金子みすゞさんの時代には、女性に養育権はなかったそうです。

彼女は、性病をうつしてくるような放蕩〇ソ旦那と離婚をする際、一人娘を旦那から離すことが叶わず、抵抗の意思を込めた遺書を残して自殺したのだとか。

私、この話結構ショックだったんですよねー。

「子供を育てる権利」って、女性にあるのが普通なイメージだったので。

それって、ここまでの90年間で勝ち取ってきた権利だったんか!って。

当時はあり得ない考え方だったんだろうな・・・だからこそ自殺しかなかったんだもの。

「それはおかしい」と、自分を信じて発信や行動をやめなかった人がいたから、世の中が変わったんです。

ああすごいことだなあと、思うわけです。

 

ここまで劇的な変化をじかに感じたことは、私自身まだない(90年前には生きてなかったので)のですが、まあある程度の時間生きてきて、変化の萌芽みたいなものに遭遇すると非常に感動するんですよね。

極めてジェンダーレスな女性ポップ歌手の曲とスタイルが大ウケしていたり、ダンスで言うなら、ブラックプールで同性のカップルが普通に参加していたり。

男や女である前に人間である!という感じの何かね。

これがどういうことに影響していくのか、そして自分は何を思い行動していくのか。

少しずつ動いている流れに身を任せながら、楽しみにしていたりするんですよ。

価値観とか「そうあるべき」みたいな考え方って、どんどん変化していくから、何某かの変化を求める行為を″善″か″悪″かで判断するのは意味がない気がしてます。

全力でそこに取り組む行為だけが、世の中を変えていくんだろうなあ。

 

 

真面目なことを長々と書いてしまったじゃないか・・・苦笑

 

 

とにかく、榊は本日やっと大人の仲間入りした気分なのであります。

大げさ!

とりあえず事故なく運転します。精進します。

世の中のドライバーの皆さま、どうぞよろしくお願い申し上げます!

 

20190705_2836476.jpg曇り空の鮫洲橋。あ〜追加料金なしでどうにかいけたわい・・・とホッとしながら。(貧乏)

 

 

2019.07.04 Thursday

お昼過ぎ

おいしいトンカツたべたいなあ・・・

 

お腹が減ってるわけではないのである。

むしろ、満腹。

今まさにトンカツ定食を食べ終えたところなのだ。

 

20190701_2834410.jpg(エビフライもつけちゃった)

衣はサクサク、肉厚の豚肉。

キャベツもたっぷりだったし。

(想像してください)

これが、たった500円ほどで食べられてしまうチェーン店である。

 

なんの不満もない。

だけど、もう中盤くらいから思い始めてしまったのだ。

 

おいしいトンカツ食べたいなあ・・・

 

 

お肉は厚すぎず、薄すぎず。

衣の油分とのバランスが重要。

中濃ソースの酸味とうま味は、このバランスの上で最高の調味料になる。

ご飯は思いっきり頬張る。

もぐもぐと噛むうちに、肉の甘味が広がる幸せ。

端っこのお肉は、キャベツと一緒にサッパリいただこう。

お新香で口の中を一休みさせたら、味噌汁で口の中を暖かくリセットしてまた最初から。

 

つくづく、トンカツ定食はチームプレーなんだなと思う。

ツヤツヤの白いごはん、みずみずしいキャベツ、武骨な中濃ソース、主張しすぎないお新香、そして味噌汁。

これらの要素が脇を固めたとき、トンカツは最大限の力を発揮するのだ。

サクサクしてればいいわけじゃない。

見た目が整っていても、張りぼてチームじゃ感動は提供できないんだ!

 

 

・・・もはや、トンカツにまで感動を求めるようになってしまったらしい。

 

 

あーーーー

美味しいトンカツ食べ・・・にいこ!

 

 

 

 

2019.06.28 Friday

メンテナンス

こちらに試合や仕事があったり、お願いしている整体師さんが出張帯同の仕事に行ってしまったりで、

なかなか体の調整に行けなかった6月。

やばいな〜

やっちゃいそうだな〜

とは思っていたのですが、いたしかたなく。

あと1日ガマンすれば整体行ける!って日に、居酒屋でずっと右向いて〇マさん(知り合い)と話してたら首が痛くなってしまいました・・・理由よ!

(もちろん〇マさんは何も悪くない。笑)

で、今回は試合までちょっと時間があるので、鍼を打ってもらったんですよね。

私の中では、マッサージよりも鍼のほうがピンポイントで強烈なイメージ。

試合やパーティーが近くにあるときは、緩みすぎて怖いのでお願いしないんです。

 

ひっさしぶりの鍼。

背中!

めっちゃ楽になった!

って喜んでたんですが、夜になるにつれ首がギシギシと痛み始め。

今まで、固まった身体の奥に封印されていたモンスターが、出てきた!(個人的な感想)

コイツが超暴れん坊でやんの。

辛かった・・・。

痛くて寝られず、ロキソニン投入して強制睡眠しましたねー。

2日くらいかかった。

今はかなり普通に戻りました。

 

たぶん、今回は首だけじゃなく背中だったんですよね。

試合だったり、海外の先生のレッスン受けたりで、いつもと違うポスチャーの作り方をずっとしてたから・・・

弱いなあ。

行ったり来たりしながら、ダンスライフが進んでおります。

 

バリ固だったので、来週も整体行ってきます。

もう少し前へ進めますように。

2019.06.23 Sunday

ダンススタジオオカザキ・ホームパーティー

1561211338563-288x512.jpg
まあ、私くらい?になりますと、こんな顔で電車乗っても無問題なわけですが。

昨日はいつもお世話になってる、ダンススタジオオカザキのホームパーティーへ参加してきました。
たくさんダンスタイムで皆さんと踊って、その後はプロデモを踊らせていただきました。
ホーム中のホームなわけですから、暖かい空気のなか、かなりリラックスして表現できたように感じています。皆様のおかげです。本当にありがとうございました。

暖かい応援と励ましの言葉、胸にしっかりいただいいて、これからも精進精進。
どうぞよろしくお願いいたします。
2019.06.21 Friday

準備が好き

もうタイトル通りなんですけれども。

前段階が好きなのです。

何かが始まる前の部分が。

遠足も運動会も、ダンスの試合もショーも、旅行も恋愛も(←!)。

 

昔は、与えられたことをどうこなすか・・・という計画の部分が単に好きで、

夏休みの勉強とか自由研究も全然苦ではありませんでした。

(しかし、なぜか余裕で終わらせた記憶はない。)

だけど大学に入って、ちょっと変わったかなあ。

私が選んだ学科は、庭とか公園作るための図面を引くところで。

要は、与えられたものをこなすだけでは終わらなくなったんですね。

自分で線を描く理由を見つけて、形にしなくちゃいけない。

これはホントに有益でした。

丁寧に調べ考えていく(もしくは仲間と議論してる)と、無からポッと何か出てくるの。

フワフワしたそれを、なくさないよう大事に〜大事に〜形にする。

超楽しい。

結局、その道ではプロになれなかったけれど、この感覚はすごく今生きてる気がする。

ダンスの振付とか、構成とかね。

 

 

で、なんでこんな話してるかって?

 

 

私、今、台本書いてまんねん。

 

 

実は、今年の9月23日(月祝)にダンスパーティーを企画してまして。

新しい雰囲気にするべく、構成と台本から刷新しようと思ってるんです。

こうなるとね、小説家とか本当に神様レベルなんだなと痛感。

そして、自分のライブラリーとボキャブラリーの貧弱さに愕然としております。

ねえ・・・これ終わるの・・・??

無の部分をいまだ漂っております。不安。

 

まあだから、このブログ書いてるんですけど。

ガンバレ榊って自分に言ってる。笑

 

諦めんぞお・・・

 

お楽しみに・・・

 

 

 

 

Powered by
30days Album