ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
2020.02.14 Friday

蒲田で会ったモロッコ人の話。

黒湯温泉入りたいな〜なんて、ふと思いまして。

仕事終わりそのままに、池上線に乗って蒲田へやってきました。

 

比呂志と組んでおやまダンスに勤務するまでは、全く縁のなかった蒲田。

ちょっと神奈川の香りがする大田区の大きな街です。

いつも行く温泉は、駅から歩いてすぐ。飲み屋やパチンコ屋の中に鎮座してます。

(なんなら経営母体もパチンコ屋さん)

 

急に思いついて来てみたけど、替えの靴下くらい買うか〜なんて思って、駅の目の前にあるドン・キホーテへ向かいます。

欲しいものがあるけれど、山手線の駅まで行くのは面倒くさい・・・そんな時に御用達のお店。

24時間営業!!

駅へ向かって開いた入り口には、安売りの洗剤・衣料やお菓子、はては焼き芋まで!溢れるように置いてあります。

カオス(けっこう好き)。

 

その日は夜もまだ早い時間だったので、たくさんの人が出入りしています。

行きかう人をすり抜け、2階の衣料品売り場へ向かおうとした刹那。

背が高い黒人の男性と、一瞬、本当に一瞬目があいました。

別に特別なことではなかったので、そのまま階段に足をかけた瞬間。

声をかけられたんです。

「Can you speak English?」

 

基本的に、私はあんまり無視しません。

よっぽどのこと(パッと見でヤベエと思ったり、死ぬほど急いでるとか)がないかぎり・・・。

渋谷で道を聞こうとして、全員に無視され続けた(東京砂漠!)と泣きそうな顔をして話す郷里の友達を見てから、

一応、第一声はお伺いすることにしてます。

 

なので、今回も「はい?」と応対。

「ちょっとこっち来てくれ(意訳)」と榊をいざなう彼。

商品選びに困っているのかな・・・?

 

1階は手前に化粧品や洗剤などがあり、奥にはお酒やお菓子など食べ物が置いてあります。

黒人の彼はスイスイと奥へ。

冷やしたチューハイ売り場の前で止まって、なんか喋ってる。

(ここから先は、すべて意訳でございます)

 

「私、モロッコ人です。」

「おーモロッコ!モロッコね!」

「来たことある?」

「うーん・・・ないなあ・・・」

「日本人ってお酒好きな人もダメな人もいるんでしょ?」

「まあそうね」

「あなたは?」

「飲む。(たしなむ程度です・・・という英語教えて誰か)

「どの味がいいかな?」

「味?これはグレープフルーツでしょ、これは桃・・・これはすごいアルコール多い(=ストロングゼロ)よ!」

「どれがいい?」

「?」

「もし良かったら、コレ1本飲む時間、一緒にお話ししない?」

 

おお!

 

斬新・・・!

 

 

なんとナンパされてたんですね。

気が付かなかった。

 

ここでちゃんとお断り

「私は今からお風呂に行くのよ。そこでハズバンドが待ってる(本当は待ってないけど)。」

「OFURO・・・」

「あーONSEN・・・違うわ、ホットスプリングね、Hot Spring。」

「ほんと?蒲田に?あるの?」

「そうそう、結構有名よ、蒲田。大田区いっぱいあるよ。KUROYUだよ。ブラックブラック。」

「多摩川に5年住んでるけど知らなかった!」

 

多摩川在住ですか・・・。

 

「僕にも奥さんいるけど、たまには他の人と話したいんだ、わかるよね」

「ん〜・・・そう?」

「あなたは美しい!もちろん旦那さんはそれを知ってるだろうけど・・・」

 

!!

 

You are beautiful !

ゆーあーびゅーてぃふる!

 

色々突っ込みどころは満載なれど、この一言で帳消しにしてしまいそうになる破壊力。

すごいな・・・!

わたくしにそれを!臆面もなく言えるのですね!

見習ってくれ日本男児(比呂志)。

 

いやちょっと待て。

ワシはゆっくり風呂に入りたいんじゃ。

 

彼は、最初から最後まで本当に腰が低く丁寧で、

話してみても楽しそうだな〜ってちょっと思った(Beautifulだし)んですが、

丁寧にお断りいたしました。

「ごめんね、私はお風呂行くよ。話しかけてくれてありがとう」

 

そうして榊はドンキを離れ、無事黒湯に身を沈めたのでございました。

(靴下は買えなかった)

 

ほんとね、美しいとか言われると嬉しいね。

単純だけどね。

ぜひ周りの女子に言ってほしいです、男性諸君。

言葉、大事。

 

 

以上、蒲田で会ったモロッコ人の話でした。

(今日はバレンタインなので、比呂志を褒めちぎらねば)

 

2020.02.05 Wednesday

最近の練習

いよいよ2020年最初の試合も今週末に控えまして、

最近の私たちは、踊り込みメインの練習になっています。

わかっちゃいるけど、疲れるから楽しいわけではない踊り込み。

 

そこで使うのが、dsi-TV(インターネット上のダンス動画サイト)なんです、奥さん!

先日終わったUKダンス選手権・準々決勝以降の動画音源でひたすら踊っています。

 

なんで準々決勝以降かというと、そこから生バンドなんですね。

臨場感大事。

しかし、ds-TVのおじさん実況も入っちゃうのが玉にキズ・・・こればっかりは現地に行かないと無理か〜。

日本インターなんかは3予選から生バンドだし、今度の試合で使われるカム&ダンスシリーズのCDもバンド音楽なんですが、

海外のバンドはちょっと音が違う感じがするんですよね。

湿気がないというか軽いというか。

ちょっとうまく言えないのですが。(もうちょっと音楽を勉強しなくちゃだめですね)

 

そういえば、B級ラテンの前はブラックプール・ダンスフェスティバルのバンド音楽で踊りこみしてたなあ・・・

長さが2分くらいあって、曲が長いB級の練習にはちょうどよかったのです。

そういえば。

今回使っているUKダンスのやつは短いんですよ、曲。

短いのに慣れるとあんまりいいことない。

苦笑

今週末大丈夫だろか・・・。

 

いや!

大丈夫!

がんばります!

 

 

2020.01.28 Tuesday

資格試験

一応、私たちの所属している団体には教える資格というものがありまして。

(教室のオーナーが上位の資格を持っていれば、なくても教えられる・・・のかな?)

比呂志も私も今は2級を持っているのですが、今年1級を受けることにしました。

 

受けることにしました・・・?

今から申込用紙郵送します。

ダメだって言われたらごめんなさい。笑

 

資格。

要は教科書全部キッチリわかればいいだけの話なんですけども、これが結構たいへんなんですね。

一番最初の5級が一番きつかったなあ・・・わけわかんなくて。

もう10年くらい前です。

踊れないし、意味もわからない、というダブルパンチ。

ゲッソリしながら勉強した記憶があります。

 

教科書わからんくても、教えられるとは思うんです。

ただ、ちゃんと勉強すると地力が上がるんですよね。

いろんな生徒さんに対応できるようになります。

5級を取った時に、それはとても実感しました。

もちろん、勉強だけじゃなくて踊れないと意味ないんですけども。(ここは大事)

 

1級かあ・・・難しそ。

やだなあ・・・笑

(面倒くさいのは面倒くさい)

 

3月に講習会があるはず。

とりあえず、郵便局行ってきまーす。

この時代にコピーと書留郵送・・・とりあえずそこは突っ込まない。苦笑

2020.01.21 Tuesday

溶岩○○はじめる。

その日は、なんだかとても身体がこわばっている感じがしていまして。

練習→外のサークル仕事を終え、ちょっと一息ついた夕方のことです。

定期的にお願いしている整体の予約はまだ先だし、どうにかならんもんか・・・

 

あ、そういえば。

 

てな感じで、ポストに入っていたチラシの体験レッスンを受けてみることにしたんです。

 

溶岩ヨガ。

 

簡単に言うと岩盤浴しながらヨガする感じ・・・らしい。

自転車でエッチラ向かった駅近のそのお店は、女性専用で必要最小限の設備だが、掃除の行き届いたとても綺麗な場所でした。

大柄で笑顔がかわいい受付のお姉さんに事前説明を受け、レッツラ・溶岩!

 

暑い・・・

けど、1時間レッスンの真中で休憩入れてくれるからまだ平気。

しかし暑い・・・。

文字通り滝のような汗をかいて終了。

 

このスタジオ、設備に無駄がないだけじゃなく、お客さんの行動にも無駄がないんですよね。

レッスンが終わったとたん、スーッと皆さんシャワールームへ。

もちろん全員は入れないから、並んで順番を待つんですが、私語はほぼなし。

みんな黙々と着替え、ヨガをし、シャワー浴びて帰っていく・・・。

 

そんな修業のような空間がちょっと気に入りまして、その日のうちに即入会してしまいました。

月4回行けるコースなので、気晴らし程度のヨガ道ですが、エンジョイしたいと思います。

 

それにしても。

あの暑い空間で2コマ連続レッスンするんですよ、先生が。

す ご い。

頑張ってついていこー

2020.01.15 Wednesday

Official髭男dism「Hall Traveler」

DSC_2153-300x400.JPG
テレビドラマの主題歌で知って
Youtubeのアカペラ見てライブ見たくなって
ファンクラブ入って抽選受けて
昨年当選したヒゲダンさんのライブ。

先日行ってきました。
パシフィコ横浜です。

今まで行ったことがあるのは、
ジャネットジャクソン at東京ドーム
ブリトニースピアーズ atラスベガス
シカゴ at国際フォーラム
CHAGE and ASKA at日本武道館
なんですけども。
なんか一番楽しかった気がします。
アーティストと会場の熱量がちょうどよいというか…。

バッキバキに乗った彼らの音が、5000人収容(満席)のパシフィコに鳴り響き、最初から1,2階席はほぼ総立ち。
ライブがとにかく良いとの評判は聞いてましたが、あれだけのパワーで歌い抜けるのはすごかった。
そして、生音ってのは良い。
ほんと良い。
腹に音が響き、熱量や心を感じられるから…。
にわかファンなもので、全部の曲を知ってる訳じゃなかったけど、十分音楽を楽しめました。

帰り際、一緒に行った比呂志曰く
「もう少し抜いた感じの声も聴きたかったなぁ」。
緩急の緩の部分。
確かに、そういう彼ら見てみたいかもね。
3月からはアリーナツアーも始まるそうで、もっと大人数の観客からの圧力を経て、彼らはどんどん進化していくんだろうなぁ。
すごいなぁ。

ちなみに、比呂志はライブデビュー戦だったらしく、
「俺の初めてが縁もゆかりもないバンドに持っていかれた」だって。

縁とゆかりがあるバンドってなんだ。


隣に座っていたファンの方、とても良い人で。
とっても楽しそうに応援してて、私もすごく良い気分になりました。
飴までいただいちゃった。はは!
本当にありがとうございました。

こうして直に音を聴いて、ファンの人も含めて空間を楽しむっていいですね!
ヒゲダンさんもまた行きたいけど、
他の人も気になったらライブ行ってみようと思います。

(写真は横浜駅まで歩いた帰り道。青青青ー)
2020.01.07 Tuesday

はっぴーばーすでーとぅーみー!

はいは〜い

榊の誕生日です!

ありがとうございますありがとうございます!

 

普段、携帯電話さばきが苦手な母から、iphoneでおめでとうメールが来ました。

そのあと、ショートメールでも来ました。

大盤振る舞いです。

 

楽しく過ごそう今年も!

みなさま、どうぞよろしくお願いいたします。

2020.01.01 Wednesday

2020

DSC_2111-300x400.JPG
皆様、明けましておめでとうございます!

私たちは今年は弾丸で北海道へ帰省。
チョイすすきの→旭川の三泊四日!
午前中に初滑りして、東京に帰ってきました…
さー踊ろ踊ろ。

今年もおやまひろしとさかきみおを
どうぞよろしくお願いいたします!
2019.12.25 Wednesday

メリークリスマス!

パーティーのお仕事が12月の前半で終了したので、

今年は、久しぶりに穏やかなクリスマスを迎えております。

いつもはショーの練習に明け暮れる時間を、のんびり基本練習に使えるのでとても楽しい。

(仕事がないってのはアレですが)

後期はあまり踊れなかったので、榊のリハビリのようにもなってます。

練習といつもの仕事の毎日・・・PEACE!笑

 

だもんで、結婚式をした教会(旗の台の三光教会)に礼拝に行けたらいいね〜なんて話してたんです。

クリスマスイブにね。

昔、1度行けたことがあるんですよね〜。

ひさしぶり。

・・・しかし!

比呂志の仕事終わりを待っていたら、22時からのミサに間に合わなくなってしまいました・・・。

20191225_2925901.jpgとりあえず行ってはみたものの、邪魔しちゃいそうで入れなかったチキン夫婦。

 

外からお参り(?)して、一年の感謝をお伝えしてきました。

 

明けてクリスマスは、榊はサークル、比呂志はスタジオの日。

せっかくなのでサンタで踊ってきましたよ。

20191225_2925899.jpg主宰のゆかり先生も巻き添え。(ヒゲ似合う)

 

暑かった・・・笑

 

ベタすぎてどうかと心配でしたが、お客さんには好評でした。

この衣装のほかに、女性サンタコスも2つあったのですが、なんか地方のキャバクラみたいになっちゃいそうで〜。

トナカイも迷ったけど(いくつ持ってんだ)、こっちにしてよかった。

「なんか疲れたな〜と思ってここに来たけど、サンタ見て元気になった!」

と言ってもらえまして。

サンタ冥利につきるってもんです。

(ちなみに「ピザ一枚お願いします」とも言われました・・・)

 

 

これから明日のThanks Party2019の準備します。

 

26日18時からやってますので、お時間ある方はどうぞ^^

予約いらないです。

おやまダンススタジオでお待ちしてます!

 

Merry Christmas!

あと少しですが、楽しい時間を!

2019.12.20 Friday

惚れっぽい。

最近、スカーレット(朝の連続テレビ小説)を録画して見てるんです。

この前の水曜日は夜がオフだったので、18時くらいにやっと視聴。

・・・そう、奥さん!

あれですよアレ。

寸止めキッスシーン!

(NHK公式より)

こおおおお!

居間で一人のけぞる榊。

 

そして思う。

 

十代田さんいいなあ・・・❤

 

比呂志が友達と飲みに行くことになってまして、その夜は一人だったんですね。

のけぞった後、何しようかなあとなりまして。

急きょ、最近行けてなかった映画を見に行くことにしました。

一人で行くときは、だいたい「頭使わなくていいお気楽なIMAX3D映画」を選ぶことが多いんですけども。

この日は「ジュマンジ/ネクストレベル」に。

当然レイトショー。

 

めっちゃ空いてて、私「は」超快適でした。

最近映画行く人減ってるらしいです。

当たり前か〜。Netflixとかすごいもんね。

それでも、私は師匠の「何十億もかかって作ったもんを、何千円とかで見られるのを逃す手はない」という言葉を大事にしたい!

 

そして思う。

 

ドゥエイン・ジョンソンいいなあ・・・❤

 

Dwayne Johnson様(元プロレスラー)

 

十代田さんどこいった。

 

比呂志に似てません?

「この人みたいになってくれ!似てるから大丈夫」とLINE送ったら、

「全然似てねーわ」と返ってきました。

 

ダメか・・・(当たり前)

 

でも、万が一ムキムキになってくれたら、むしろ私のほうがヤバい(隣にいる者としての矜持)ので筋トレしないとなあ・・・

などと、不毛な妄想にふけっております。

 

結局何が言いたいのかというと、惚れっぽいと人生楽しい!ということなのでした。なはは。

 

2019.12.13 Friday

マツエク

いわゆる、まつ毛エクステンションですな。

友達にずーっとやれ〜やれ〜言われてたんですけども。

ついにデビューしてみました。

何にも下調べせず、電話して恵比寿へゴー!

 

お店ではビューティー素人丸出し榊。

要は、自分のまつ毛に特殊な接着剤でカールのついた毛をくっつけるということなんですね、マツエクって。

ほーん。

(そこ知らないで行ったんか!)

 

どんな細さの

どんなカーブの

どんな種類の毛を

どのような配置で

何本

くっつけるのか

 

というのを、

一つ一つ店員さんに聞きながら決めました。

「自まつげが下向いてんのに、新しいまつ毛付けたら二重にならない?」とか

「皆さんは初めての時どんなつけ方してるの?」とか、

どんだけ〜な質問を繰り出しても、優しく答えてくれるお姉さん(年下)。

ありがとう!

ほぼずーっと寝てたけど、とても良かったよ!

たぶん!

 

 

施術後、マツエクを激推ししてくれたダンサー友達に会いにヨコハマへ。

見てくれ、わしの雄姿を。

ついでに閉店間際の赤レンガ倉庫で、ちょっと遊んで帰ってきました。

20191213_2920198.jpgメインツリー。そして満月。奥にモエシャンの店。

 

ちょうどNIGHT SYNC YOKOHAMAというイベントも近くでやってまして、ちょっと見てきました。

20191213_2920200.jpg携帯のカメラをシンクロさせると、空中にないものが画面にだけ見える!

 

これ、池上線のポスターをちょろっと覚えていたので気になってたんですが、場所がわからない!

なのにネット検索に全くひっかからず。

記憶を総動員してどうにかたどり着けました。

サイトにね。↓

http://www.welcome.city.yokohama.jp/ja/tourism/eventinfo/ev_detail.php?bid=yw8307

 

イベント名を覚えてないと詳細サイトに行けないって、あんまり良くないですねえ。

「横浜 イベント」とかで出てきてほしい。

(ちなみに、「横浜 ライト」で検索したら、横浜ライト工業が一番上に・・・友達の冷ややかな目線いただきました。笑)

思わぬところで勉強になりました。

イベント自体は、面白そうだったけど寒くて長居できず。

早々に離脱いたしました。

(スタッフさん、本当におつかれさまです。)

 

短時間だったけど、楽しかった〜

そしてまつ毛増えた〜

気になる方はぜひ見に来てください、私の雄姿を。

Powered by
30days Album