ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2019.08.13 Tuesday

Hiyama Dance School 15th Anniversary Dance Party

山の日・日曜日に開催されました、檜山先生の15周年記念パーティーです。

at グランドプリンスホテル新高輪 パミール館。

5周年・10周年と毎度参加させていただいてるのですが、今回も本当に豪華なパーティーでした!

お料理や会場のお花だけじゃなく、なんといってもフロアが広く、装飾も素敵で、あらゆる照明が揃ってる。

これだけのものを準備するのは、とても大変だったことと思います。

檜山先生ご夫妻はもちろんだけど、スタッフの皆さんも本当にすごいです。

お疲れさまでした・・・

 

照明や装飾はものすごく大切なエレメントです。

プロだけの話だと思われがちですが、アマチュアの方にとっても、もちろん。

比呂志くんと一緒に踊りをご披露いただいたFさん、本当に素敵だったなあ。

ダンスと照明の素晴らしさが相まって、2人の優しい雰囲気がフロア上に輝いていました。

関係性が見えるダンスって、いいですよね。

本当にありがとうございました。

 

 

私たちはプロデモで、早川午朗先生振付のフォーメーションを踊りました。「Never Enough」

20190813_2855438.jpg右から野村組・中川組・小山組。

20190813_2855440.pngこんな感じのフロア。確認用資料より。

 

私たちは朝6時から場当たり&ランスルーだったわけですが、

リハの最初でスポットライトがバンと自分に当たった時、ちょっと震えました。

高いところから当たるスポットライトって、ええのです。

低いところからだと、眩しさが勝っちゃって自分自身が明るい感じしないんですよね。

本番は、安定のド緊張モードでしたが、暖かい応援のおかげで気持ち良く踊らせていただきました。

ありがとうございます!

 

これだけの装置を準備してあげられたら、もっとお客様が輝くのになあ・・・

わかってはいても、自分たちでやろうとするにはなかなか難しいところなのです。

なので、本当に良い経験でした。

 

 

 

檜山先生、公美子先生、15周年おめでとうございます!

これからもどうぞよろしくお願いいたします!

 

2019.08.05 Monday

上田和幸・神津良江 現役引退披露晩餐会

社交ダンス界隈で「大変なパーティー」として認識されているパーティーが2つあります。

1つ目は、周年パーティー。

(5周年・10周年など区切りの時は特に)

そして2つ目が、引退パーティーです。

 

何が大変なのって、規模が大きいんですね。

参加されるお客様の人数がまず多い。

今回もアマデモは三部構成・・・

長い待機時間も乗り越え、比呂志先生とお客様、広いフロアでガッツリ踊ってくださいました!

踊りはもちろん素敵だけど、照明も豪華で良かったな〜。

本当にありがとうございました。

 

そして、プロショーですよ。

かける手間(=お金)がね。やっぱりすごい。

引退パーティーの場合は特にしっかり構成します。

だいたい事前に実行委員会が立ち上がり、構成や当日の裏方の進行などすべて管理するのです。

今回の上田先生のパーティーは、テーマが「Dance Like Singing!」(歌うように踊る!)。

プロショー全編、日本語の歌で構成されていました。

私達は二宮清先生振り付けのフォーメーションを担当。

20190805_2851680.jpg終了後^^

 

「衣装の色がキャッツ・アイ!」と気が付いて喜んで言ったら、他のメンバーは誰も知らないという悲しいジェネレーション・ギャップ。

みんな、これやで・・・榊が観ていたアニメのキャッツアイは・・・(誰もこのブログ見てないと思うけど)

三姉妹の泥棒さん。

 

朝六時に始まりまして・・・

フォーメーション位置確認→ランスルー(プロショー本番と同じように通す)→アマチュアの方のリハーサル→アマチュアの方の本番→プロショー本番

と、ずーっと踊り続けた主催の上田先生。

本当にすごかったです。

打ち上げで「やると決めれば誰でもできるよ」って笑ってたけど・・・そんなことないです、いろんな意味で。

そして、良江先生が準備してくださった諸々もリストや札類も全部丁寧にまとめてあって。

きっと一人でやったんだろうなと思うと、涙が出そうでした。

(細かい部分は、当然自分もしくはスタッフがやらなければならないのです)

本当にお疲れさまでした。

とてもお世話になってる先輩なので、比呂志&美央、なるべく仕事を探してチョッコリ頑張りました。

少しでも役に立てたなら幸いです。

 

上田先生、良江先生。

心から、おめでとうございます!

これからもどうぞよろしくお願いいたします!

2019.07.18 Thursday

2019 東部日本ダンス選手権&青木先生1周年パーティー

3連休!

まず日曜日は、後楽園ホールにて東部日本ダンス選手権でした。

例年だともう少し早く開催される試合なんですが、今年はちょっと遅かったですね。

すでにパーティーシーズンに突入してることもあり、調整不足の選手が多かったように感じました。

フロアが重い〜。

私達は準々決勝まで。

トライしてることが最後までできなかった・・・くそ〜(←調整不足)

でも、たくさん応援いただけて、とても嬉しかったです。

本当にありがとうございました!

前期の試合はこれにて終了。

次は10月かな〜

 

明けて、月曜日。

青木拓哉先生の1周年記念パーティーに参加してまいりました。

at 品川グースです。

周年パーティーということで、たくさんの先生が集結・・・とても豪華で温かいパーティーでした。

私のお客様も比呂志のお客様も、とても良く踊ってくださいました!

大きくて慣れない会場なので、きっととても緊張したと思います。

本当にありがとうございました。

一緒に踊れてとても嬉しかったです。

プロデモは何回か踊らせていただいている「This is me」を。

フロアに魂置いてくるのが目標・・・ほんのひとつまみくらいはできた気がします。

でも、まだまだ!

 

青木先生ご夫妻とのお付き合いもとても長いです。

いつも良くして頂いてます・・・。

20190718_2842736.jpg終了後のフロアで、ご挨拶する青木先生。

本当におめでとうごさいました!

 

 

ということで、7月の山場をどうにかこえまして。

現在は8月の大きなパーティーに向けて、準備が始まったところです。

皆さま、どうぞよろしくお願いいたします!

 

 

2019.06.18 Tuesday

2019 北海道インター

初めて行ってきました〜

at シャトレーゼ・ガトーキングダム・サッポロです。

市街地からはかなり離れていますが、とても広い会場でびっくり。

結果は最終予選でした。

準決勝上がれず。

残念ですが、仕方ない・・・。

 

その昔、北海道のキャッチフレーズを募集してまして。

決まったのが「試される大地」。

(2016年からは違うキャッチフレーズに変わってます)

確か選考委員が『北の国から』を書いた倉本聰さんだったはず。

この言葉、私の勝手な解釈だと、″厳しい自然に試される″というより、″自分のやりたい気持ちを試される″、なんだよなあ。

生半可な憧れじゃ、北海道の自然や人のいない環境に耐えられないんですよ。

潰れてしまったお店、結構見てましたから・・・。

子供心に妙に納得したものでした。

 

その″試され″続けている北海道の先生たちが、今回の試合(だけじゃないですけど)を切り盛りしてくれていたわけですが、

色んな所に工夫をされていて、素晴らしかったです。

東京で始まった観戦ツアーをいち早く取り入れてみたり、ロバパンを来場者全員に配ったり(これはたぶんスポンサードをとった??のかな?)、練習時間をプロとアマできちんと分けて提供してくださったり。

SNSも積極的に活用されているし。

東部の試合も含め、社交ダンスの世界は転換期に突入していると思うのですが、

まず変化しようと行動されていることをとても尊敬します。

話はそれから、なので。

私はまだまだだなあ。

 

長い長い冬を終え、あたたかく過ごしやすい季節にやっと入る6月ごろは、道民にとっても格別な季節。

そんな時期に、比呂志君と一緒に参加できてよかった。

次はもっと良いダンスを提供できるよう、精進したいと思います。

温かい応援、本当にありがとうございました。

 

2019.06.11 Tuesday

2019 日本インターとさよならカリベ

先週末は日本インターナショナルダンス選手権でした。

at 日本武道館。

私達は土曜日のプロラテンに出場しました。

 

日本インターは、海外の選手と審査員を招聘して行います。

今回はWDCのワールドランキング対象試合になったので、招待選手以外も何組か来日しましたね。

(思ったよりも少なかったなあという感じではあるのですが)

上記のことに関しては賛否両論ですが、私はわりと賛成派。

どんどん来てもらって構わないと思ってます。

この先を考えたら、海外の試合との落差がなくなるほうが良いと思う。

どんどん交わっていかないと・・・。

 

私たちの結果はというと、最終予選まででした。

まあ例年通りなのですが、今回はお互いにとても集中して踊れたんですね。

なので実は残念。

上がれるかな〜って思ったんだけどなあ。

次の北海道インターでも、引き続き頑張っていこうと思います。

 

・・・で、ですよ。

さよならカリベって何よって話です。

え〜ここからちょっと長くなります。

 

 

 

 

さかのぼること20年近く前。

社交ダンスを始めたばかりの大学生・榊は、どうしてもサルサというものを踊ってみたくなりまして。

六本木のサルサバーを探して、行ってみたんです。

 

一人で。

 

・・・頭おかしいでしょ、この時点で。笑

寂しいじゃん。っていうか危ないだろっていう話。

でも当時の榊さんは、そういう場所にはナンパとか男女の概念があるということ自体、全く気が付いておらず。

六本木という場所がどんなとこなのかも、全く知らないし。(当時は千葉県民)

ただただ・・・本当に、ただただ踊ってみたかったんですね。

今より貧弱なインターネットを駆使して、なんか良さそう?って思って行ったのがサルサバー・カリベで。

実は、サルサ界隈では比較的ナンパ派の少ない、踊れる人が多いと有名な場所だったのでした。

 

六本木のちょっと一本入った路地の奥。

大きなビルの2階・・・これまた奥のほう。

手前に怪しげなロック?のバーがあったりして、本当にここでいいのかなってドキドキしながら歩いたのを今でも覚えています。

小さな入り口の前に、人がたむろしていて。

ラテンの音楽が駄々洩れで聞こえてる。

 

20190611_2823948.jpg現在の入り口。昔は奥にコインロッカーがあった気が。

 

初めてなんです、とか言いながら入り口で1300円払い、ワンドリンク券もらって中へ。

そこは、たくさんの人が組んで踊り乱れている初めての空間でした。

とにかく人が多くて、熱気がすごかった!

有難いことにいろんな方が誘ってくださって、何曲か踊ることができました。

 

ここで、榊は運命的な出会いを果たします。

(比呂志ではない。笑)

そろそろ帰ろうかなと思っていた、終電近く。

バーカウンターに座っていた、異国のおじいさまがダンスに誘ってくださったのです。

言葉は全くわからないんだけど、密着するホールドではなく両手を前に出してくださったので、二人で手をつないで踊り始めました。

これがね。

本当に素晴らしかった。

彼が感じているリズムが、両手を通して伝わってくる。

フロアに流れている音楽と、おじいさまのリズムの融合が心地よくて楽しくて。

夢中で一緒に踊っていたのでした。

 

ああ、ペアダンスの良さってココなんだ・・・

 

電撃の様にそんな思いが、榊を貫きました。

 

実は、この感覚を得られたからこその、今、なんですよね。

一人で踊る楽しさだけじゃなく、共有する楽しさも知ってしまったこの時から、私の社交ダンス人生が始まりました。

本当に神がかった瞬間だったと思う。

その証拠に、そのおじいさまとは二度と会えなかったもの。

 

 

そんな私の分岐点を作ってくれたカリベ。

実は、今日(2019.6.11火曜日)で閉店なんです。

いつも私の競技用ヘアセットをしてくださる忍さん(実はラテンダンサー)に、この話をしたら、

閉店前に一緒に行ってくださることになりまして。

(予定がお互いタイトで、日曜日にちょっとだけ・・・となりましたが)

忍さんの旦那様も一緒に3人で、ラスト・カリベ!

 

20190611_2823950.jpg空いてたな〜。でも男性がたくさん!いっぱい踊ってもらいました!

 

ある意味、保護者つき(笑)だったので、超リラックスして楽しめました。

忍さん、旦那様、本当にありがとう・・・。

20190611_2823946.jpg

 

一人で来ていた年配の男性。

せっかく誘ってくださったのに、全然私がステップわからなくて。

「ごめんなさい〜」って言ったら

「楽しかったらオールオッケイ!」ってニカッと笑ってくださいました。

ダンスを楽しめる方は、本当に素敵ですね。

私も、原点回帰な気分でした。

 

 

今頃、最後のダンスタイム始まってるかなあ。

ありがとうカリベ!

さようならカリベ!

また会う日まで・・・。

2019.03.22 Friday

ダンススクールオクムラ35周年記念&フェニックス・スプリングフェア

先週の土曜日、奥村三郎先生・純先生の35周年記念ダンスパーティーに参加してまいりました。

at ハイアットリージェンシー(新宿)。

もう10年近く習ってると思います・・・2011年でこんなこと書いてるので。笑

 

とても豪華なパーティーで、たくさんの人が素晴らしいダンスを披露されてました。

普段お見掛けすることのない先生とお客様の発表も拝見し、結構衝撃でしたね。

お客様が良く見える曲・衣装・ステップ。

本番で最高の表情をしていただくためのレッスン。

当日披露される1曲の裏には、

2人の信頼関係とお客様の努力、そして先生の基礎能力とセンスが見え隠れ・・・。

フロアは誰に対しても平等に、容赦ないですからね。

どんな場所でも、私達教師は精進し続けていないといけないのであります!

(偉そうに言ってますが、私は見ていただけです。ははは。)

比呂志君とお客様は、もちろん!大成功!

本当にありがとうございました。

 

私達はプロデモで、庄子洋平先生が振付してくださったオシャレなフォーメーションを。

20190322_2779998.jpg

 

ご来場の皆さま、温かい声援を本当にありがとうございました!

そして、サブ先生・純先生おめでとうございました!

またレッスンよろしくお願いいたします!

 

 

・・・

で、ですよ。

なんか調子良くないな〜って感じで綱渡りしていた榊のバディが、限界突破しまして。

パーティー帰りの電車からノンストップ・鼻水。

風邪と花粉症が同時にやってきたよ!

わーい!

とりあえず病院&睡眠で回復・・・

 

 

そして迎えました、木曜。

春分の日。

所属している技術団体・フェニックスダンサーズのスプリングフェアというダンスパーティに参加してまいりました。

at イースト21(東陽町)です。

アマデモをご披露いただいたのは、いつもお世話になっているSさん。

20190322_2779996.jpg顔出しokいただきやした!

12月のおやまダンスのクリスマスパーティーでもご披露いただいたのですが、

もう少し良い発表にしたい!ということで再挑戦。

会場の至る所から手拍子が沸き上がり、

プロ仲間からすごい褒められるという納得の出来となりました^^

 

レッスン中、細かいことを言っても、諦めずに何度も練習してくださったんです。

「このほうが絶対良く見えるから!」という私の言葉を信じて・・・

本当にありがとうございました。

 

プロショータイムでは、チームマッチにてチャチャチャを踊らせていただきました。

温かい応援、嬉しかったです!!

 

 

 

とまあ、わりとギュウギュウに詰めて書いてしまいましたが、そんな日々でございまして。

そして明日はフリーダンス・パーティーです。

 

3/23 土曜日

13:00〜13:50 直前対策!初心者講習会

受講料 ¥2,000

(※人数によりレッスン時間が変動します。ぜひ13時前にご来場ください)

 

14:00〜16:00 フリーダンス★ミニパーティー

入場料 ¥1,000(1drink込み)

プロと踊るダンス券 ¥200/1曲

 

ちょっとね、音楽を今回は変えたくてですね・・・

今から準備します。

お楽しみに!

         

2019.03.12 Tuesday

2019 神奈川ダンス選手権

at 大さん橋ホールです。

8年前からこの試合はちょっと特別ですね。

今年は3月10日の開催となりました。

準決勝まで。

 

今回、同じ年にA級になった長田彩先生の最後の試合でした。

(相田先生はまだ現役を続行します)

同じ年に初めてB級決勝に入るも、その年は上がれず。

次の年、A級だった先生が3組B級に落ちてきて、またチャンスを逃しました。

その次の年は、彩ちゃんたちは一度優勝しながらも上がれず。

そしてそして、またその次の年にやっと。

私達が前期優勝、彩ちゃん達が後期優勝で昇級したのでした。

正直、相当きつかったと思います。

私たちなんかよりずっと。

体調を崩していたことも少し聞いていました。

でも、お互い踏ん張った・・・踏ん張れた。

めっちゃ仲良しでいつも一緒!ってわけじゃないけど、あのキツい日々を共有できるのはきっと彼女だけです。

 

だから、寂しいな。

永久に現役でいられるわけではないのだけど。

 

始まる前、二人でハグして、頑張ろう!よろしくお願いします!と言いあって。

一緒に決勝で踊れなかったのが、とても悔しいです。

 

 

新しい人生の計画は、また今度ゆっくり聞く予定^^

最近思うのは、試合に追われて踊ってるほうが絶対楽だよなあということ。

生きていくという船旅は、自分で舵を取るほうがきっと大変です。

(おお・・・なんかカッコいい感じに言えた・・・!)

彼女の新しい時間が、楽しいものになりますように。

そして、相田君の新しい時間もね。

 

 

会場ではたくさん応援いただきました。

本当にありがとうございました!

小山と榊、もう少し頑張らせてください!

 

 

 

2019.03.07 Thursday

2019 スーパージャパンカップ

この前の日曜日ですね。

昨年はインフルエンザ(榊)で欠場!

なので、2年ぶりの幕張メッセでした。

昨年の北海道全日本で準々決勝へ上がれたため、今年はなんとBシード選手!

1次予選が免除となりました。

まあ、エントリーハガキ来るまで知らなかったんですけどね・・・そんなシステムあったんか。苦笑

 

私の願望として、とにかく「変わりたい」というのがありましてですね。

基本的に、昔と今の自分はそんなに好きじゃないんです。

だから、未来の自分は少しでも納得がいくものにしたい。

ダンスはもちろんですが、ドレスや雰囲気なども

「これでいいや〜」ってしちゃうと、やっぱりその程度のものしか得られない気がするんですよね。

お金をかける・・・というよりも、丁寧に準備しようと肝に銘じてはおります。

(まあそうやってると、ある程度高くなっちゃうんですけども)

踊りの中身ももちろん同様に。

 

色々な方々のおかげで(本当に本当に″おかげ″で!)、だいぶ変われたかな〜という試合となりました。

結果は準々決勝。

そして、多方面から褒めちぎられたドレスの写真は・・・ありません!

 

いやいや、試合終わったら、応援してくださってありがとうございますのご挨拶いくでしょ。

んで、ご挨拶終わったら他の選手の邪魔だから、すぐ片づけるでしょ。

写真忘れるんですわ。

ははは。

 

今週末の神奈川ダンス選手権は、写真撮れるように努力しよ・・・。

 

小山と榊を支えてくださる全ての皆様に心から感謝を。

更に精進します!

 

20190307_2771797.jpg

裕香先生に撮っていただいた上半身のみ〜〜

 

 

 

 

 

2019.02.11 Monday

2019 ムーアカップ

新年1発目の試合です!

・・・毎年同じ書き出しのような。苦笑

2018 2017 2016 2015 2014 2013 2012 2011 2010 2009 2008 2007 2006 

調べてみたら、そうでもなかった。

ていうか昔のブログってやばいですね!

あたい、恥ずかしい!(リンク貼ってるけど)

 

組んで初めて出たムーアカップ(当時は東京都知事杯)が2006年。

流れる月日、矢のごとく・・・13年目で初めて決勝入りました。

ルンバだけですけどね。

時間かかったなあ・・・。

まあでも、こうやって書くと感慨深いものがありますな。

ちなみに、Cは準々決勝、SPは準決勝です。

 

満員のお客様の中で踊るのは、やっぱり楽しい。

 

応援してくださった皆様、本当にありがとうございました。

今年も頑張って変化します!

 

20190211_2758139.jpg岡崎先生と^^

2019.02.01 Friday

2019 UKダンス選手権2

「女性は男性のリードについていけばよい」

この言葉に何度疑問を感じてきたことか。

 

背番号を付けている男性をうらやんだこともある。

女性じゃなきゃ良かった・・・そう思ったことだってある。

 

でも海外に来て、そんな気持ちが奢りだと思い知らされた。

 

青筋を立てて、その1曲に全力をぶち込んでくる男子

そこに噛み合っていくパワフルな女子

 

男?女?そんなの関係ねえ。

フロアで少しでも萎縮した瞬間に負ける。

己が踊れ!最大限に。

 

イギリスのフロアは、それを私達に教えてくれる。

 

 

ポエムちっく。笑

まあとにかく、あっちの試合は熱量が別格なんですよ。

選手なら絶対プレイヤーとして行ったほうがいい。

観る専の方も、生で見ると全然違うんでビックリすると思います。

 

リード待って・・・とか、言うこと聞いて・・・とか、

まあ、よく自分でも生徒さんにレッスンで言ったりしますけど、

なんかしっくり来てなかったんですよね。

リード&フォローって、もそっと深くて面白いもんなんじゃかろうか。

漫才の掛け合いもそうだけど、お互いが畳みかけるような前向きなものなんじゃないかって。

競技と社交じゃギアは違うかもしれないけど、根本はきっと一緒。

 

今回はそこらへんでピカーっと来るもんがありまして、

UKのフロアで踊ることがとても楽しみだったんです。

結果というか、自分の「変化」への期待ですな。

 

20190129_2751542.jpg朝イチのフロア。練習できるぜ!

 

さて、結果やいかに。

 

1日目、ライジング。

踊り終わってすぐ、泣きそうになる。変わってない・・・変わってないじゃん。

1次予選落ち。

 

2日目、モダン本戦を観戦。

シード選手が踊り始めた瞬間、泣きそうになる。美しい・・・美しいよ。

 

3日目、ラテン本戦。

背番号1番!

やれることはやる!

1次予選で落ちて泣きそうに・・・いや、ホントに泣きました。

苦笑

 

20190129_2751538.jpg会場前。太陽が目に染みるわ・・・ってあれ?観覧車なんかあったっけ?

 

海外の試合で涙出たのは初めてですねえ。

自分に期待してたんでしょうね。

心底がっくり。

でも。

何かつかめた感じはしっかり持って帰ろう。そして練習しよう。

そう心に決めて、本戦を最後まで観戦しました。

 

その他の選手の結果は言わずもがな。↓

https://www.dancesportinfo.net/Competition/UK_Open_2019_40224/Professional_Latin_618810/Results

 

日本選手、なかなか厳しいです。

しかし当事者である私たちに、他を語る言葉などございません!

己の鍛錬!以上!

 

 

試合以外は、

友達の韓国選手の部屋に遊びに行ったり。

20190129_2751570.jpg飲みニケーション。

 

トッポッギ作ってくれました。

美味しい。けど激辛!

20190129_2751540.jpgシェフKiwon。格好が大事って、スーパーの袋を被り始めた。笑

 

あとは、選手御用達の中華屋さんに連れて行ってもらったかな。

そして、最終日にはAI田先生の部屋で宴会。

 

ちなみに、ボーンマスで宿泊したのはお安めホテル・・・クロイドンでいいとこ泊まったからね・・・。

暖房が効かず(すぐ止まる)

シャワーが細い線のようで(目を凝らさないと出ているお湯が見えん!)

照明が半分切れてる(部屋に来たAI田先生がドン引き)

受付のお兄ちゃんに簡易ヒーターを借り、シャワーヘッドを外し、暗いのは慣れてしまえば(!)どうにか快適に。

 

あっという間の4日間でした。

 

 

よく比呂志が言うんですが、

留学はドラゴンボールで言う「精神と時の部屋」に来るような感じなんですよね。

全力で"今やりたいこと"に集中する感じは、何度体験してもいいもので。

支えてくださる皆様には、本当に感謝しかないです。

ホントさ、みんな頑張って外行こうよ。

このブログ、少しでも安心して旅立てる選手が増えるようにって書いてるんだから。

 

決して若手ではない私たちの目指している「変化」。

日本の競技ダンスや社交ダンスが面白くなる"何か"にきっと繋げてみせる。

 

 

今回は、初めてkaoringさんに写真をお願いしてみました。

20190130_2751913.jpg頑張りが顔に出るタイプ。

 

やっぱり撮るのうまいなあ・・・本当にありがとうございます!

(ちなみに、Kaoringさんのその他の写真はこちら!https://www.facebook.com/kaoringworksphotography/)

 

 

おわり

・・・となるはずが、実は。

今回ちょっと寄り道してきたんですよね〜〜

 

 

ちょびっとだけ、つづく。

 

 

Powered by
30days Album