ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< November 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 2014 帝京平成大学ダンス実習1 | main | 2014 帝京平成大学ダンス実習3 >>
2014.08.17 Sunday

2014 帝京平成大学ダンス実習2

2014年8月14日・第2日目。

朝は必ずインターロックとベーシックステップから。
体幹でリズムをとるためのトレーニングなのだけど、すぐに上達するもんではもちろんない。
だから、恥ずかしいのかやりたくないのか、ちょっとできないとすぐにあきらめてしまう彼らに教えるのは結構難しい。
相変わらず近づいてくれないし。
この日はダンスっぽく感じるであろう、ベーシックステップを多めにすることにしました。
少し食いついてくれたかな?
あと、全員の名前を覚えたらちょっとだけ距離が縮まったようにも感じました。

ここからはとにかく班に分かれて作品を作っていてもらいます。
まずはカウントを数えて、小節ごとの曲の構成をみんなで把握してね。
格段に作業効率が上がりますよ!
通常教室に分かれて・・・
これも恒例・隠し撮り。笑

ここでわたくしめ、致命的なミスをおかしてしまいます。
全体集合をしていたホールにいたいと言ってきたチームに、よく考えず「いいよ〜」と言ってしまったんですよね。
移動に時間を使いたくないから、個別練習用の距離が近い教室を5つとってもらっていたのに・・・
生徒を放置する時間が増えちゃった。
失敗したなあと後から思ったけど、もう後の祭り。
来年に生かしたい・・・

この日は各教室で仮録画をして終了。
生徒さんたちからは「2日目が一番楽しかった」という意見多し。
やっぱりグループで何かを作り上げるのは楽しいよね。
もう少しそこに交じれたら良かったなあ。
今回は前回よりも、やろうとしてるビデオの振付を見て「ここはこう」とか教えられたけど・・・
よりダンサブルな振り付けは、やっぱりもう少し噛み砕いて手と足の動きだけに簡素化しないと、よくわからないみたいでした。

例えば、EXILEさんのダンスステップを真似るとして・・・
どこでリズムをとってステップを踏んでいるかで全く見た目の印象は変わります。
別に正解とかはないわけですから、人によって全然違っちゃう。
そう・・・動画によって変わっちゃうんですよ!
完璧に真似をしたかったら、本家の動画を見ることをお勧めします。

って、別にコピーをすることがこの授業の課題ではないので、
変な?動画見ようが何しようが全く問題ないのですが。
「短時間では噛み砕かないと全くできないよ」というアドバイスを来年から入れていかないとなあ。
ダンス・・・というよりも、作品としてのクオリティ上げたいですからね。


3日目に予定している発表会は、今までやってきた中で一番大がかりです。
かなり準備しておいたけど、まだまだ足りない。
帰ってからパソコン作業しま〜す+_+
コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album