ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< Strong Baby ありがとうございました02 | main | はうあ!ロンドンへ行ってきます。 >>
2017.08.30 Wednesday

Strong Baby ありがとうございました03

02はこちら→http://oyamadance.jugem.jp/?day=20170829

 

ちなみに。

「Strong Baby」という題名は、8月の中旬くらいに決めました。

最初に決めた「強い感じ」と、BC級のフレッシュさを合わせて・・・。

試合のフロアへ上がったら、級なんて関係なくお互い競い合う立場なのだけど、

今ここから駆け上がっていく空気を、思いっきり表現してほしい!と。

 

 

当日。

朝7:40からリハーサル開始。

リハは各チーム10分しか時間を与えられません。

2回合わせられればいい感じ。

迅速に隊列の確認、照明の確認を済ませなくては・・・!

しかし、さっさと進めたい榊に対して、のんびり比呂志が炸裂。

きい!

しかも照明台本、全然伝わってないし!

仕方ないので、リハ後に照明本部へ直接お願いしに行きました。

・・・飛天の間の上部、初めて入る場所。

そこにはプロの世界が広がっておりました。

台本に書いてあった照明の種類は、「地明(じあかり)」「ピンスポ」「ストロボライト」「ムービングライト」。

それぞれ担当が違い、何人もの方が動いてらっしゃいました。

まず手前の方に、地明の色の変更を伝え、次にピンスポの方へタイミングの確認を、そして、奥の部屋のムービングライトの種類変更を伝えました。

もちろんリハーサル中なので、大丈夫なタイミングを見計らって・・・

 

曲ごとに手動でストップウォッチをスタートさせながら、台本通りの秒数で照明を変えていく皆さま。

粛々と進むプロの仕事。

気圧される榊。

自分が踊るだけならば、適当にお任せしても大丈夫なのかもしれません。

でも、今回は違う。

踊るみんなに対して、責任があるから。

ウザいだろうなあと思いつつ、一生懸命話をさせていただきました。

 

《余談ですが。

照明の方とお話ししていて、

・ピンスポは4本あること

・ストロボライトはなく、手動の点滅で対応してくださっていること

・ムービングライト以外にミラーボールもあること

(よく見ると飛天のシャンデリアの奥に、ミラーボールが!!)

を、教えていただきました。

もう少し早く知りたかったけど・・・これは来年のリーダーへの業務連絡ですね。笑》

 

 

とりあえず、やれることはやった。

あとはもうお任せ・・・

1503883606386.jpgう〜〜

1504263351046.jpgいえ〜〜

1503883628178.jpg緊張してる。

 

 

本番。

 

始まる直前から、もう泣きそうでした。

み〜んなのおかげで形になっていく幸せ。

口から心臓がでそうだけど、こんなにうれしいものなんだ!

初めて感じる気持ちでした。

実行委員の皆さま、私たちにこの経験を与えてくれて本当にありがとう!

結果はマジどうでもいい!

(みんなに賞金は渡したいけど。笑)

 

そして。

1503883567234.jpg良かった〜〜

 

 

-------------------------------------------------------------------------------------

毎年行われているこの大きな催しに、こうして携われたこと、本当に良い経験でした。

もっともっとすごいものを作れる人になりたいけれど・・・これが今の私たちのマキシマム。

ついてきてくださったメンバーに感謝。

一緒に励ましあってくれた関ちゃんカップルに感謝。

そして、見てくださった方々に感謝。

不器用な私たちの小さな作品ですが、この軌跡を残して、来年どちらかのチームから出てくる次回のフォーメーション・リーダーに捧げます。

 

 

大変だけど、オモロいぜ!

 

 

皆さま、本当にありがとうございました。

 

 

おわり。

コメント
何がなんだかわからないけど、結構楽しそうだね。写真見たらイキイキしてるね(笑)
俺もイキイキしたいな(涙)
  • ゲン
  • 2017.09.08 Friday 16:02
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album