ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< アカデミーでした | main | 2019 UKダンス選手権3 >>
2019.02.01 Friday

2019 UKダンス選手権2

「女性は男性のリードについていけばよい」

この言葉に何度疑問を感じてきたことか。

 

背番号を付けている男性をうらやんだこともある。

女性じゃなきゃ良かった・・・そう思ったことだってある。

 

でも海外に来て、そんな気持ちが奢りだと思い知らされた。

 

青筋を立てて、その1曲に全力をぶち込んでくる男子

そこに噛み合っていくパワフルな女子

 

男?女?そんなの関係ねえ。

フロアで少しでも萎縮した瞬間に負ける。

己が踊れ!最大限に。

 

イギリスのフロアは、それを私達に教えてくれる。

 

 

ポエムちっく。笑

まあとにかく、あっちの試合は熱量が別格なんですよ。

選手なら絶対プレイヤーとして行ったほうがいい。

観る専の方も、生で見ると全然違うんでビックリすると思います。

 

リード待って・・・とか、言うこと聞いて・・・とか、

まあ、よく自分でも生徒さんにレッスンで言ったりしますけど、

なんかしっくり来てなかったんですよね。

リード&フォローって、もそっと深くて面白いもんなんじゃかろうか。

漫才の掛け合いもそうだけど、お互いが畳みかけるような前向きなものなんじゃないかって。

競技と社交じゃギアは違うかもしれないけど、根本はきっと一緒。

 

今回はそこらへんでピカーっと来るもんがありまして、

UKのフロアで踊ることがとても楽しみだったんです。

結果というか、自分の「変化」への期待ですな。

 

20190129_2751542.jpg朝イチのフロア。練習できるぜ!

 

さて、結果やいかに。

 

1日目、ライジング。

踊り終わってすぐ、泣きそうになる。変わってない・・・変わってないじゃん。

1次予選落ち。

 

2日目、モダン本戦を観戦。

シード選手が踊り始めた瞬間、泣きそうになる。美しい・・・美しいよ。

 

3日目、ラテン本戦。

背番号1番!

やれることはやる!

1次予選で落ちて泣きそうに・・・いや、ホントに泣きました。

苦笑

 

20190129_2751538.jpg会場前。太陽が目に染みるわ・・・ってあれ?観覧車なんかあったっけ?

 

海外の試合で涙出たのは初めてですねえ。

自分に期待してたんでしょうね。

心底がっくり。

でも。

何かつかめた感じはしっかり持って帰ろう。そして練習しよう。

そう心に決めて、本戦を最後まで観戦しました。

 

その他の選手の結果は言わずもがな。↓

https://www.dancesportinfo.net/Competition/UK_Open_2019_40224/Professional_Latin_618810/Results

 

日本選手、なかなか厳しいです。

しかし当事者である私たちに、他を語る言葉などございません!

己の鍛錬!以上!

 

 

試合以外は、

友達の韓国選手の部屋に遊びに行ったり。

20190129_2751570.jpg飲みニケーション。

 

トッポッギ作ってくれました。

美味しい。けど激辛!

20190129_2751540.jpgシェフKiwon。格好が大事って、スーパーの袋を被り始めた。笑

 

あとは、選手御用達の中華屋さんに連れて行ってもらったかな。

そして、最終日にはAI田先生の部屋で宴会。

 

ちなみに、ボーンマスで宿泊したのはお安めホテル・・・クロイドンでいいとこ泊まったからね・・・。

暖房が効かず(すぐ止まる)

シャワーが細い線のようで(目を凝らさないと出ているお湯が見えん!)

照明が半分切れてる(部屋に来たAI田先生がドン引き)

受付のお兄ちゃんに簡易ヒーターを借り、シャワーヘッドを外し、暗いのは慣れてしまえば(!)どうにか快適に。

 

あっという間の4日間でした。

 

 

よく比呂志が言うんですが、

留学はドラゴンボールで言う「精神と時の部屋」に来るような感じなんですよね。

全力で"今やりたいこと"に集中する感じは、何度体験してもいいもので。

支えてくださる皆様には、本当に感謝しかないです。

ホントさ、みんな頑張って外行こうよ。

このブログ、少しでも安心して旅立てる選手が増えるようにって書いてるんだから。

 

決して若手ではない私たちの目指している「変化」。

日本の競技ダンスや社交ダンスが面白くなる"何か"にきっと繋げてみせる。

 

 

今回は、初めてkaoringさんに写真をお願いしてみました。

20190130_2751913.jpg頑張りが顔に出るタイプ。

 

やっぱり撮るのうまいなあ・・・本当にありがとうございます!

(ちなみに、Kaoringさんのその他の写真はこちら!https://www.facebook.com/kaoringworksphotography/)

 

 

おわり

・・・となるはずが、実は。

今回ちょっと寄り道してきたんですよね〜〜

 

 

ちょびっとだけ、つづく。

 

 

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album