ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 要救助・WordPress難民がここに。 | main | おらの連休がおわりました >>
2019.04.25 Thursday

教習所の日々。序章。

榊の運転免許取得ロード、第1段階の後半にやっと入りました。

車の運転の仕方を大まかに覚え、これから確認等々の内容を詰めていくところ。

実技は8コマ終え、仮免の試験まであと4コマかな。

 

で、ですよ。

今までの実技、コマごとに違う先生だったんです。

先生ごとのクセが・・・クセが!

 

車乗る前の模擬授業だったから、全く話さなかったサラリーマン風先生

メッチャさわやかな青年先生

やり手ウーマン風厳しめ先生

ハンドル切るタイミングだけ淡々と教えてくれるベテラン先生

まつげパッチリ教科書カッチリの超可愛い女の子先生

背もたれ45度傾けヤンキー風先生

MT車とAT車の違いを話し始めたら止まらくなったおじ様先生

そして、ちゃんと教えてくれてなかったらしく、他の教官に軽くディスられる印象薄めの先生(私のせいか。ごめん。)

 

一番印象的だったのは、話止まらくなった先生ですかねえ。

車に乗る前は全然目を合わせないのに、車に乗った瞬間目を見て話してくれるんですよ。

車内は彼のテリトリーといったところ?

しかしながら、しゃべり続ける先生に合いの手をいれながら運転するのは、初心者には中々の修業・・・。

(へえ!すごいですね!ホントですか?等々)

ちゃんとチェックしてくれてたのか、多少の疑惑が残っております。苦笑

まあ、先生楽しそうだったからいいか。

一応次の段階に進ませてくれたし。

 

 

同じ教科書を使っていても、やはり人によってできない理由は違うわけで。

それを探りながらアドバイスをし、慣れるために可能な限り何度もトライさせる。

まんまダンスのプライベートレッスンだな〜と思うんです。

ちなみに相性の良し悪しもありそう。

話す言葉はあんまり良くないけど、メッチャわかりやすかったのはヤンキー先生だったし、

緊張で止まらなかった動悸が、ベテラン先生のレッスンです〜っと落ち着きました。

まあ今のところ嫌な思いはしてないし、特に先生の希望は出さずにこのまま進めてみようかな。

それに。

受ける側になったことで、言葉の違いで受ける印象の変わり方など、違った意味でも勉強させていただいておりやす。

新鮮〜

 

 

まだまだ道のりは長いのだ!

学科もがんばろう・・・

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album