ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< お昼過ぎ | main | 2019 東部日本ダンス選手権&青木先生1周年パーティー >>
2019.07.05 Friday

運転免許取りました。

試合だなんだと色々あったり、予約がなかなか取れなかったりで、結局3か月かかっちゃったのですが。

本日、朝の8時から鮫洲免許センターの開店待ちをいたしまして、最終学科試験に挑戦。

どうにか普通自動車免許を取得できました。

人生初の免許。

犯罪者のような青背景写真を、さっきから何度も眺めております。

う れ し い。

 

 

それにしても、免許取得における自動車学校のカリキュラムは素晴らしく良くできてたなあと、改めて。

ちゃーんと順を追って会得できるようになってる。

しかも、毎回教員が変わっても、そのクオリティが変わらない。

普通に時間を空けず通っていれば、誰でも取れちゃうよ、これは。

内容は違えど、人にものを教える職業の身からすると、これは驚異的なことなんです。

状況に応じて、凶器にもなる鉄の塊を操作する技術と心得・・・ダンスで言えばベーシックを、人を選ばず高いクオリオティで提供できるってことなんで。

やっぱり今までの蓄積された経験値の量が違うようなあ。

自動車学校と教官たちの努力のたまものですよ。

社交ダンスは、他のダンスに比べればかなり蓄積されている方だと私は思っているのですが、

(世界中に同じ教本が流通しているなんて、他で聞いたことない)

こういう圧倒的なカリキュラムに接すると、まだまだなんだなと思わざるを得ない。

もちろん、システム化することが必要かどうかは別件だけど・・・。

ベーシックをどう伝えるかという課題に、私たちは取り組み続けていかなくちゃいけないのです。

これからのために。

 

 

最近よく思うのですが、″今″って、昔の人たちが「少しでも良く」って行動し続けてくれた結果なんですよね。

ダンスに限らず・・・。

例えば、90年ほど前。

詩人・金子みすゞさんの時代には、女性に養育権はなかったそうです。

彼女は、性病をうつしてくるような放蕩〇ソ旦那と離婚をする際、一人娘を旦那から離すことが叶わず、抵抗の意思を込めた遺書を残して自殺したのだとか。

私、この話結構ショックだったんですよねー。

「子供を育てる権利」って、女性にあるのが普通なイメージだったので。

それって、ここまでの90年間で勝ち取ってきた権利だったんか!って。

当時はあり得ない考え方だったんだろうな・・・だからこそ自殺しかなかったんだもの。

「それはおかしい」と、自分を信じて発信や行動をやめなかった人がいたから、世の中が変わったんです。

ああすごいことだなあと、思うわけです。

 

ここまで劇的な変化をじかに感じたことは、私自身まだない(90年前には生きてなかったので)のですが、まあある程度の時間生きてきて、変化の萌芽みたいなものに遭遇すると非常に感動するんですよね。

極めてジェンダーレスな女性ポップ歌手の曲とスタイルが大ウケしていたり、ダンスで言うなら、ブラックプールで同性のカップルが普通に参加していたり。

男や女である前に人間である!という感じの何かね。

これがどういうことに影響していくのか、そして自分は何を思い行動していくのか。

少しずつ動いている流れに身を任せながら、楽しみにしていたりするんですよ。

価値観とか「そうあるべき」みたいな考え方って、どんどん変化していくから、何某かの変化を求める行為を″善″か″悪″かで判断するのは意味がない気がしてます。

全力でそこに取り組む行為だけが、世の中を変えていくんだろうなあ。

 

 

真面目なことを長々と書いてしまったじゃないか・・・苦笑

 

 

とにかく、榊は本日やっと大人の仲間入りした気分なのであります。

大げさ!

とりあえず事故なく運転します。精進します。

世の中のドライバーの皆さま、どうぞよろしくお願い申し上げます!

 

20190705_2836476.jpg曇り空の鮫洲橋。あ〜追加料金なしでどうにかいけたわい・・・とホッとしながら。(貧乏)

 

 

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album