ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2019 東部日本ダンス選手権&青木先生1周年パーティー | main | みみの話 >>
2019.08.05 Monday

上田和幸・神津良江 現役引退披露晩餐会

社交ダンス界隈で「大変なパーティー」として認識されているパーティーが2つあります。

1つ目は、周年パーティー。

(5周年・10周年など区切りの時は特に)

そして2つ目が、引退パーティーです。

 

何が大変なのって、規模が大きいんですね。

参加されるお客様の人数がまず多い。

今回もアマデモは三部構成・・・

長い待機時間も乗り越え、比呂志先生とお客様、広いフロアでガッツリ踊ってくださいました!

踊りはもちろん素敵だけど、照明も豪華で良かったな〜。

本当にありがとうございました。

 

そして、プロショーですよ。

かける手間(=お金)がね。やっぱりすごい。

引退パーティーの場合は特にしっかり構成します。

だいたい事前に実行委員会が立ち上がり、構成や当日の裏方の進行などすべて管理するのです。

今回の上田先生のパーティーは、テーマが「Dance Like Singing!」(歌うように踊る!)。

プロショー全編、日本語の歌で構成されていました。

私達は二宮清先生振り付けのフォーメーションを担当。

20190805_2851680.jpg終了後^^

 

「衣装の色がキャッツ・アイ!」と気が付いて喜んで言ったら、他のメンバーは誰も知らないという悲しいジェネレーション・ギャップ。

みんな、これやで・・・榊が観ていたアニメのキャッツアイは・・・(誰もこのブログ見てないと思うけど)

三姉妹の泥棒さん。

 

朝六時に始まりまして・・・

フォーメーション位置確認→ランスルー(プロショー本番と同じように通す)→アマチュアの方のリハーサル→アマチュアの方の本番→プロショー本番

と、ずーっと踊り続けた主催の上田先生。

本当にすごかったです。

打ち上げで「やると決めれば誰でもできるよ」って笑ってたけど・・・そんなことないです、いろんな意味で。

そして、良江先生が準備してくださった諸々もリストや札類も全部丁寧にまとめてあって。

きっと一人でやったんだろうなと思うと、涙が出そうでした。

(細かい部分は、当然自分もしくはスタッフがやらなければならないのです)

本当にお疲れさまでした。

とてもお世話になってる先輩なので、比呂志&美央、なるべく仕事を探してチョッコリ頑張りました。

少しでも役に立てたなら幸いです。

 

上田先生、良江先生。

心から、おめでとうございます!

これからもどうぞよろしくお願いいたします!

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album