ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< Hiyama Dance School 15th Anniversary Dance Party | main | 2019 夏休み(1)RE:BORNコンバット ビギナーズワークショップ >>
2019.08.30 Friday

2019 オールスターダンスフェスティバル

先週末に開催。

at グランドプリンスホテル新高輪・飛天の間です。

 

毎年恒例の選手会のチャリティーパーティー。

東部総局のプロ選手全員参加!大きなパーティーです。

今年は初めての試みで、フロアを5つに分けた大ミキシング大会など行われ、女性教師である私も結構お客様と踊る機会を持つことができました。

ダンスタイムは4クールに分かれてまして、お客様は受付時に渡されたリボンの色で分かれます。

それでもフロアは満員!

当日は800人のお客様がご来場されていた(らしい)ので、単純計算で1クールにつき200名のお客様+200名のプロが踊ることになりますからね。

で、その中にリーダー役で、しかもスタンダード種目の時に入った時の話です。

 

ちょっとびっくりしたんですよね・・・。

400名近くいるはずなのに、流れが止まらない。

もちろんちょいちょいぶつかりはするんですけど、基本的にみんな避けつつ止まらず踊っています。

さっき女性として踊っていたミキシングとは、全然フロアの風が違う。

あ、お客様がダメと言いたいのではなく、男の先生がすごいんすよ。

フロアクラフト(フロアをうまく移動するためのステップと方向構成)がうますぎる!!

私なんか、キョドってしまい全然うまくリードできなかったですもん・・・シュン。

(ラテンの方がまだマシだな〜)

これ、ほんと特殊技術だよなあと思います。

 

 

「パーティーでチョロっとできるようになれればいいんです」

本当に良く言われるんですが、そのたびに「それ、一番大変な目標ですよ。頑張りましょう!」と私は答えちゃう。

楽しい時間を過ごすためには、フロアクラフトは必須〜〜!

 

自分はどう進みたいか。

そして、今やろうとしているこのステップは、どのように動くのか。

対して女性は?

プラス・・・っていうか、そもそも!どんな音楽が鳴っているか。

メロディは?リズムは?

さらに!

視界に入っている周りの人は何をしていて、このあとどこに行くだろうか・・・。

 

大変そうでしょ。

大変なんです。笑

でも、いろ〜〜んなこと乗り越えた先に、どんな人とも最高にダンスを楽しめる自分が爆誕するわけですよ。

わくわくするでしょ!

ぜひ諦めないで取り組んでいただきたい課題です。

(そして私もまだ修業の身)

 

ちなみに、競技になると少し話変わるんですよね・・・

目的が″フロアにいることを楽しむ″わけではないので。

ただ、プロの選手でも下位クラスの試合と上位クラスの試合だと、「風」は変わります。

上達へはそこをクリアするのが大事だという証拠だと思う。うん。

 

選手会のパーティーは、夏の終わりのお知らせ・・・。

後期の競技会シーズンも間近です。

また頑張っていきまーす!

 

20190830_2865117.jpgチームマッチ表彰の私たちを、輝子お義母さん先生が激写・・・目が・・・目があ!笑

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album