ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 2019 夏休み(2)槍ヶ岳登山 | main | 2019 夏休み(4)槍ヶ岳登山 >>
2019.09.09 Monday

2019 夏休み(3)槍ヶ岳登山

槍ヶ岳2日目。

お天気は曇り時々雨といった感じ。

予報では、夕方から完璧に雨・・・。

折り返しするにしても、頂上で泊まるにしても、必ずここ(槍沢ロッヂ)に帰ってくるわけだから、

洗濯ものとか使わなさそうなものは置かせておいてもらおう!ということになりました。

無くなっても自己責任!

名前と下山予定日を書いて、玄関の荷物置き場へ。

(リュックからモリモリ出てくる比呂志の着替え・・・そら重いわな。)

 

ほんの少し身軽になって、山頂目指してゴー!

20190909_2869956.jpg

20190909_2869933.jpgちなみに青汁飲んでます。比呂志には不評。

 

↑天狗原分岐を越えて、上に来たところで、下界が晴れてきました。

20190909_2869954.jpgか〜!だいぶ上がってきた!

 

20190909_2869937.jpg下は晴れても上は霧・・・。丸印が頼りです。

 

20190909_2869935.jpgそんな中、やっと見えた!槍ヶ岳頂上=穂先!左下に小さく榊。

 

5時間登り続けて、薄々感づく私達。

これこのまま下山は無理だわ。

体力の限界!(千代の富士)

 

20190909_2869939.jpg霧に隠れたり、す〜っとまた出てきたり。ちょいちょい色気見せてくる穂先さん。

登れるかなあ・・・

 

そしてそして標準タイムより1時間近く遅れて、穂先のふもと・槍ヶ岳山荘到着!

20190909_2869967.jpg真っ白やん。

 

登りきったところで、槍沢ロッヂの晩御飯でお隣だったご夫婦と再会。

お二人はもう槍ヶ岳山荘にチェックインし、リラックスモード。

穂先へは登らず、明日下山するとのこと。

毎年9月の初めにここに来てるんだって。

素敵だな〜(そして健脚。)

私達はと言えば、山荘のベンチで用意してきたご飯(アルファ米リゾット&カップヌードル)を食べまして、しばし家族会議。

どうする?

穂先、のぼる?

 

20190909_2869941.jpg結局登りました・・・雨やんで風弱くなったからね。槍ヶ岳山荘へ荷物はデポ。

 

これがまたね、超怖いんですよ。

岩登り初な上に、標高3000メートル近くで梯子登るとか!

″三点支持″という言葉は知っていたので、「三点支持・・・三点支持・・・大丈夫・・・大丈夫・・・力抜いて・・・」と念仏のように唱えながら登ってました。

 

そしてついに頂上!

20190909_2869958.jpg槍ヶ岳山荘のヘルメット着用。(一回500円)

20190909_2869943.jpgめっちゃ空いてる頂上。私たちのほかに2人だけ。当たり前か・・・真っ白で何も見えん。

 

しかし、榊はここで初めて知るのです。

登るより降りるほうが怖いことを!

最初の梯子(登るときは最後の梯子なわけですが)の背景に槍ヶ岳山荘が小さく見えたとき、ちびりそうになりました。

くわ〜〜〜、ここに!わたしは!尻から突入するわけですか!

・・・前向きで梯子は降りられないですからね・・・。

 

途中、鎖にぶらーんしたり若干危なかったけど念仏で乗り切りまして、無事穂先より下山。

思わず抱き合うビギナー夫婦。

良かった!

もう山小屋いこう!

 

この日私たちが泊まる予定をしていたのは、槍ヶ岳山荘ではなく、ヒュッテ大槍というところでした。

こんな行程↓

 

尾根歩きでちょっと下る感じ?

 

・・・尾根歩き??

 

20190909_2869980.jpg穂先とたいして変わらんやんけ。

ちなみに、右奥に小さく見える赤い屋根がヒュッテ大槍です。

標準タイム30分って書いてあるけど・・・無理・・・絶対そんな早く行けない!

 

しかし、ここで本当に怖かったのは、高さだけではなかったんですね。

20190909_2869982.jpg

比呂志くんの下に見える○×の文字は、登山道を教えてくれてるんですが、

「なんか道が違う気がする・・・」と、先行・比呂志君が立ち止まってそう言ったので、

振り返ってみてみると。

私たちが通ってきた岩よりもだいぶ下のほうに〇印が!

ナチュラルに間違ってたんです、道を。

(写真はもう普通の登山道に戻った時に撮ったものです)

下山のほうが間違えやすいとは聞いていたんですが、こんなにもわからないものかと。

幸い、視界が良く行き先が見えている状態での道違いだったので、自然に登山道へ戻れましたが・・・。

滑落の危険を感じ、心底ゾワっとしました。

この道は地図によるとそんなに難しい道ではないはず。

それでも、やっぱり怖かったです。

 

20190909_2869984.jpgヒュッテ大槍から穂先を眺める。

 

反対側のビューはこんな感じ↓

20190909_2870043.jpg晴れとる〜

 

ほんと、この道通った時だけ天気よかったんですよね。

山の神様、ありがとうございました。

勉強になりました。

 

そしていよいよ明日は下山です。

やっぱり天気だな〜〜

 

 

つづく。

 

 

 

 

 

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album