ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 2020 ムーアカップ | main | キッズ・チアダンスのクラスが始まります! >>
2020.02.14 Friday

蒲田で会ったモロッコ人の話。

黒湯温泉入りたいな〜なんて、ふと思いまして。

仕事終わりそのままに、池上線に乗って蒲田へやってきました。

 

比呂志と組んでおやまダンスに勤務するまでは、全く縁のなかった蒲田。

ちょっと神奈川の香りがする大田区の大きな街です。

いつも行く温泉は、駅から歩いてすぐ。飲み屋やパチンコ屋の中に鎮座してます。

(なんなら経営母体もパチンコ屋さん)

 

急に思いついて来てみたけど、替えの靴下くらい買うか〜なんて思って、駅の目の前にあるドン・キホーテへ向かいます。

欲しいものがあるけれど、山手線の駅まで行くのは面倒くさい・・・そんな時に御用達のお店。

24時間営業!!

駅へ向かって開いた入り口には、安売りの洗剤・衣料やお菓子、はては焼き芋まで!溢れるように置いてあります。

カオス(けっこう好き)。

 

その日は夜もまだ早い時間だったので、たくさんの人が出入りしています。

行きかう人をすり抜け、2階の衣料品売り場へ向かおうとした刹那。

背が高い黒人の男性と、一瞬、本当に一瞬目があいました。

別に特別なことではなかったので、そのまま階段に足をかけた瞬間。

声をかけられたんです。

「Can you speak English?」

 

基本的に、私はあんまり無視しません。

よっぽどのこと(パッと見でヤベエと思ったり、死ぬほど急いでるとか)がないかぎり・・・。

渋谷で道を聞こうとして、全員に無視され続けた(東京砂漠!)と泣きそうな顔をして話す郷里の友達を見てから、

一応、第一声はお伺いすることにしてます。

 

なので、今回も「はい?」と応対。

「ちょっとこっち来てくれ(意訳)」と榊をいざなう彼。

商品選びに困っているのかな・・・?

 

1階は手前に化粧品や洗剤などがあり、奥にはお酒やお菓子など食べ物が置いてあります。

黒人の彼はスイスイと奥へ。

冷やしたチューハイ売り場の前で止まって、なんか喋ってる。

(ここから先は、すべて意訳でございます)

 

「私、モロッコ人です。」

「おーモロッコ!モロッコね!」

「来たことある?」

「うーん・・・ないなあ・・・」

「日本人ってお酒好きな人もダメな人もいるんでしょ?」

「まあそうね」

「あなたは?」

「飲む。(たしなむ程度です・・・という英語教えて誰か)

「どの味がいいかな?」

「味?これはグレープフルーツでしょ、これは桃・・・これはすごいアルコール多い(=ストロングゼロ)よ!」

「どれがいい?」

「?」

「もし良かったら、コレ1本飲む時間、一緒にお話ししない?」

 

おお!

 

斬新・・・!

 

 

なんとナンパされてたんですね。

気が付かなかった。

 

ここでちゃんとお断り

「私は今からお風呂に行くのよ。そこでハズバンドが待ってる(本当は待ってないけど)。」

「OFURO・・・」

「あーONSEN・・・違うわ、ホットスプリングね、Hot Spring。」

「ほんと?蒲田に?あるの?」

「そうそう、結構有名よ、蒲田。大田区いっぱいあるよ。KUROYUだよ。ブラックブラック。」

「多摩川に5年住んでるけど知らなかった!」

 

多摩川在住ですか・・・。

 

「僕にも奥さんいるけど、たまには他の人と話したいんだ、わかるよね」

「ん〜・・・そう?」

「You are beautiful!もちろん旦那さんはそれを知ってるだろうけど・・・」

 

!!

 

You are beautiful !

ゆーあーびゅーてぃふる!

 

色々突っ込みどころは満載なれど、この一言で帳消しにしてしまいそうになる破壊力。

すごいな・・・!

わたくしにそれを!臆面もなく言えるのですね!

見習ってくれ日本男児(比呂志)。

 

いやちょっと待て。

ワシはゆっくり風呂に入りたいんじゃ。

 

彼は、最初から最後まで本当に腰が低く丁寧で、

話してみても楽しそうだな〜ってちょっと思った(Beautifulだし)んですが、

丁寧にお断りいたしました。

「ごめんね、私はお風呂行くよ。話しかけてくれてありがとう」

 

そうして榊はドンキを離れ、無事黒湯に身を沈めたのでございました。

(靴下は買えなかった)

 

ほんとね、美しいとか言われると嬉しいね。

単純だけどね。

ぜひ周りの女子に言ってほしいです、男性諸君。

言葉、大事。

 

 

以上、蒲田で会ったモロッコ人の話でした。

(今日はバレンタインなので、比呂志を褒めちぎらねば)

 

コメント
美央先生に1票!!!

美央先生のブログいつも最高です!

恥ずかしがらずに言ってね日本男児!
って感じですよね〜(笑)

私は昔々、いちご大福を買い山の手線の駅ホームで電車待ちしていたらトルコ人に声かけられましたー

上野でお店しているよ、トルコに来た時は案内するよ!と…ホンマかいな(笑)

今は急いでいて時間ないから、また今度ね〜と丁重にサヨナラしました…懐かしい思い出です!
  • ヒロヒロ
  • 2020.03.02 Monday 22:26
>ヒロヒロさま
コメントありがとうございます!
トルコの方ですか・・・^^
なんというか、ライトな感じなのもとてもいいですよね。
素敵な思い出ありがとうございます!
  • みお
  • 2020.03.07 Saturday 16:14
コメントする








 
Powered by
30days Album