ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< Dancing Wok Out! | main | エントリー動画が公開されてました >>
2020.09.27 Sunday

オンライン競技会

オンライン競技会というのがありましてですね。

踊っている動画を送って、審査員に審査してもらうという競技会です。

所属しているEJBDF(公益財団法人日本ボールルームダンス連盟東部総局)の役員の方々が、今とても頑張ってくださっておりまして、先日配信された無観客試合しかり、このオンライン競技会しかり、新しい取り組みです。

モチベーションの維持、深刻な問題ですから・・・。

(今というより、これからのダンス界を考えると)

 

私たちはといえば、自分たちのペースで練習する日々。

トラウマになるほどのヒリヒリした試合経験が、遠い思い出に感じるほど。

 

そう、ああいう感じじゃないと!試合は。

 

だから無観客試合にもエントリーはしませんでした。

・・・なーんて。

こんな感じだったんですよ、昨日の朝までは。

 

でも、ふと思いだしたんですよね。

私の信条を。

 

「意見を言うなら、ちゃんと経験してから」

 

 

やってもいないことに文句言ったり、賛成したりするのは好きじゃない。

だったらやらないと!

 

↑繰り返し言いますが、昨日です、これ思ったの。

 

オンラインコンペの締め切り、今日までなの〜〜〜

 

わははは!!

 

今更オンライン競技会出たい!なんて比呂志は絶対嫌がるし、やるならアレか、ソロ競技だな。

なんて感じでそのままフロアで振付考えて。

締め切り当日に送ろうということにして、今朝録画して、昼間に送信したのですが。

 

実は、ものすごく葛藤してました。

そもそも私はソロダンスが全然できなくて悔しい・・・というところからスタートしている勢(?)なわけであります。

しかも、ピチピチの若い子がたくさんエントリー(しているだろう)中に突入していくの、どうなの?

などという謎のプライドが〜。

比呂志君に「私、この動画(試作品見せた)出したら恥ずかしいかな?」って聞いたら、

「お前がそう思ったんだったら、そうなるんじゃない?」と言われまして。

う〜ん・・・と。

 

ちゃんとやってダメだったんなら、それはそれでいいか。

 

6月からソロダンスのオンライン・レッスンやってきて、その成果も少し出してみたいし。

ちょっと腹が決まり、朝きちんと起きて衣装を考え、化粧も髪上げも丁寧にあげて。

撮影しました。

 

その上で!

その上で、今後クリアになっていくだろう疑問点をあげておきます。

 

●ソロ競技の審査基準とは、二人のダンスを想定した「ソロ」なのか。

ソロの女子として"良いダンス"ってなんだろって。

まるでそばに男子がいるかのように見える!のが良いのか、ただ単純にソロで踊っていいのか。

ソロ男子とソロ女子に部門が分かれていたので、とても悩ましい選択でした。

指定もなかったし。

結局、私は男子がいるような表現はあまりしていません。

 

●動画の長さが指定の長さなのか、踊りの長さが指定の長さなのか

ホームページ上でも情報が混在してましたね。

動画が1分15秒〜30秒なのか、踊ってる部分がその長さなのか?

結局、踊ってる長さは1分15秒以上にして、動画は1分30秒ぴったりにしてみましたけども。

編集しないで!とのことだったので、動画の長さ合わせるのも大変。

 

●チェッカーは何をチェックしてるの?

どうやら審査の前にチェックが入るらしいのですが、何に対して入るのか記述はありませんでした。

 

●衣装は練習着という指定だったけど、帽子とか手袋とかどうなの?

かつてのセグエ競技会で、手袋は小道具なんじゃない?論争が起こった記憶が・・・

どうなんでしょ。

いろいろやりたくなっちゃう。(今回の榊は普通です)

 

とまあ、後半は重箱の隅をつつくような内容ですが。

一番難しいのは、やはり審査基準です。

どういう審査するんだろう・・・

 

社交ダンスのソロって、どんなダンスがいいと思います?

 

 

さ〜〜私の結果はどうなるかな〜〜

予選落ちしたら、せっかく作ったルーティンなので、成仏させるようなレッスンをどこかで開きたいと思います。

ぜひご参加ください。笑

 

コメント
コメントする








 
Powered by
30days Album